スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
【痛い話】細胞診。
2011 / 05 / 13 ( Fri )
先日のマンモグラフィの後、即予約を入れて頂いて、
今日、「乳腺科」の医師から、細胞診を受けてきた。
結果は、1週間後に分かるらしい。

1年エコーをかけないだけで、正しくは2.6㎝のしこりが、
出来てしまうものなのかなぁと、ちょっと不思議というか。
しこりが出来る課程は、「徐々に徐々に」だと思うけれど、
ある日突然、「あれ?!何かある!しかも痛い!」って、
びっくりするくらいに、当然のようにそこにあった。
だから、「不思議だなぁ」としか、感じられない。

まあ、「今は」って話だけれど。

一応、ちょびっとだけ問診があって、エコー写真を見て、
「約2.6㎝のしこりですね」って確認して、それからもう一度、
触診で硬さと、エコーで大きさを確認して。

やっぱりちょっと大きいのと、はっきりしたしこりなので、
エコーを充てたまま、乳輪のところにほっそい注射針を刺して。
「麻酔をする時だけ、痛いですからね」って、注意してくれたけど、
ホントにその通りチクッとして、それからちょっとだけ、
引き攣るような感覚があっただけで、殆ど痛くはなかった。

これね、エコーに映ってるの、私も見ていたんだけど、
しこりの中で針が動いてるのが、見えるのねー。(怖!)
注射器で、細胞がちゅーって吸われていくのを、見てた。
針が刺さってるのを見るのは、流石に怖いからやめたけど。(笑)

良性なら「繊維塞栓症」だけれど、3㎝以上になってしまうと、
見た目にも現れてくるということで、切除しないといけないらしい。
悪性だと、言わずもがな「乳がん」なのだけれど。

正直、めっちゃ怖くて緊張して、不安で喉渇いたけど、
終わってみたら「じんわり地味に痛いかも」くらいで、
怖かったのが嘘のように、ほっとした。

いや、今ほっとしてちゃ、駄目なんだけど。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

17 : 06 : 09 | 独り言 | コメント(0) | page top↑
<<困ったね。 | ホーム | 【痛い話】マンモグラフィ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。