スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
書き足し。
2010 / 10 / 26 ( Tue )
昨日、「スキップ」というタイトルで、記事をアップしたのだけど、
何故に「スキップ」だったのか、ということを書き忘れてるので、
「スキップ」について、ちょっと書き足します。

一時安置して貰った、斎場に着いた時に感じたのですけど、
空気がとっても軽くて、心地好かったんです。
何か、旭川のばあちゃんちに行った時みたいに、
すーっと、そしてほんわりとした、いい空気でした。

「あー、ばあちゃん、もうさっさと行っちゃったんかな」

何となく、そう思っていました。

うちの父方の祖父が亡くなった時、ばあちゃんは、
「おじいちゃんもういないみたいだね」と言って、
ニコニコしていたのですけど、その時私も、そう思っていました。

通夜振る舞いの席で、「何か、もういない感じがするね」と、
親族の誰か(多分従姉)が、言いました。
私もそう思ったので、「そうだねー」と返しました。

ばあちゃんのとうきび。
ばあちゃんのトマト。
ばあちゃんのうちに行ったら、よしののラーメン。

妹と、電車の中でそんな話をしながら、妹夫婦の家に行きました。

家に帰ってきて、お預かりが出来なかったお家の方へ、
ご迷惑をお掛けしたことを、お詫びしていた母が、
「なんかねー、もう納得して、行っちゃったみたい」と、
電話で話しているのを聞いて、私も「あー」と思いました。

ばあちゃん、きっとスキップしてじいちゃんに会いに行ったよ。

母と、千葉の叔母とが「ばあちゃん、逝くなら雪の降らない時期と、
夏の暑い時期は外してね」と、お願いしていたので、
きっとじいちゃんが迎えに来て、手を繋いでルンルンだったのではと。

今も涙は出るけれど、悲しくはありません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

13 : 48 : 27 | 日記 | コメント(0) | page top↑
<<ふへへ。 | ホーム | スキップ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。