スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
のろけ話。
2011 / 09 / 25 ( Sun )
8月の終わりにデートした時、「正式に『結婚を前提としたお付き合い』を、
これからして行きましょう」と、彼から言われた。

「先のことは約束出来ないけど、『結婚』出来るように頑張ろうね」って。

ずっと、夢見てたことが、叶うかも知れないんだと思ったら、やっぱ嬉しかった。
今まで叶わなかったことが、叶うかも知れないんだと思ったら、しあわせ。

勿論、今じゃないよ。
今は、私の身体を治す(完治ではなく)ことが一番。
その次は、私が社会復帰すること。
そしたら、自ずと「結婚」出来る道が、拓けてくるんだ。

何か色々、彼には感謝していることがありすぎて、書ききれないくらいなんだけど。
時々、「結婚式はどんなのにしたい」とか、「ドレスはどんなのがいい」とか、
「披露宴はする/しない」とか、夢を語っているのがすごく楽しい。

……「しあわせになっちゃいけないなんてこと、ないんだよ」って、言ってくれるのが嬉しい。
二人でしあわせになっていこうって、私がしあわせだったら、彼もしあわせなんだって、
言ってくれることがすごく嬉しい。

色々あって、私の根底にある寂しさが出た時、彼は私の為に泣いてくれた。
私の為に泣いてくれる人は、この人だけだと思う。
だからじゃないけど、この人の為に、笑っていられる人でいたいなと思う。

歳を取ってから結ばれるのかも知れない。
今じゃないから、ちょっと先の話になるのかも知れない。
でももしそうなら、うんと歳を取っても、手を繋いで歩いていける二人で居たい。

ずっと傍に居たい。
スポンサーサイト

テーマ:(*´∀`*)タハ - ジャンル:日記

12 : 51 : 42 | 恋愛 | コメント(0) | page top↑
<<白目。 | ホーム | 抗がん剤、後半開始。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。