スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
【その2】しあわせのカタチ。
2011 / 08 / 03 ( Wed )
実は私の中で、どうしても譲れない「理想」というのがあって、
それは「結婚したら1年くらいは、二人だけで過ごしたい」というもの。

離れて暮らしているから、毎週とか毎日とか会える訳じゃないから、
結婚して子供を授かることが出来るのなら、その前1年くらい、
二人っきりでいちゃいちゃしたいじゃない?

ま、に行くのなら、彼のお姉さんやお母さんが一緒だけどね。(笑)

に行くんでも、婿に貰うんでも、お互いどっちでも良いんだけど、
「踏ん切り付けるなら、既成事実を作りたい」というのではなくて、
ちゃんと順序を決めて、進みたいなぁと。

ま、理想だよ、理想

***

何かね、やっと、ようやく、私たちは「対等な恋人同士」になれた気がして。
お互い真剣に考えていることが、ちゃんと伝わった気がして。
電話はいつも夜、彼が家に帰った後にするのだけど、その夜が明けても、
何だかしあわせな気持ちが残っていて、「アレは夢だったのかな?」と、
一瞬考えてしまうほど、「しあわせ」が胸に満ち溢れていた。

勿論、今もだけど!(笑)

その勢いで、昨日ラブレターを彼に書いて、送った。
元々、手紙書くの趣味なんだけど、「書いてー」って言われたので、勢いで。
まあ、いつものデレデレなラブレターだよ。(笑)

あんなに彼のこと、「男性として好きにはなれないかも」って悩んでたのに、
日々、「彼が好き」という気持ちは、膨らんでいく。

しあわせだね。
スポンサーサイト

テーマ:(*´∀`*)タハ - ジャンル:日記

13 : 31 : 07 | 恋愛 | コメント(0) | page top↑
<<夏が来れば思い出す。 | ホーム | 【その1】しあわせのカタチ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。