スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
【長文】その可能性。
2014 / 06 / 16 ( Mon )
ずっと苦しくて、不思議に思っていたことがある。
ずっと、不安に思っていたことがある。

私は、学習障害なのではないか?ということ。

足し算が出来ない。
引き算が出来ない。
掛け算が出来ない。
割り算が出来ない。
「数学」と言う以前の、「算数」の状態から。

例えば、「7+8=15」という足し算。
普通の人にとっては、足し算。
でも、私にとっては小さい時に刷り込まれた、記憶。
経験から、「7+8=15という答えになる式」だと、
認識しているだけであって、一つずつ数字をずらすと、
ちょっと考えてしまうくらいに、「足し算」として機能していない。

今日、いつもの診察のためにクリニックへ行って、
医師に「ずっと小さな頃から、算数が出来ません」と、
「読み書きは出来るけど、算数は出来ません」と、相談した。
「二桁の足し算とかになると、壊滅的に出来ない」という話。
よくある適性試験とかでも、算数になると手が止まること。

あっさり、「学習障害の可能性ありですね」。
「次の予約までに、専門の病院を探しておきます。
そうじゃないなら安心出来るし、そうならリハビリできます」。

……泣きたくなった。
嬉しいのか悲しいのか分からないけど、泣きたくなった。

今まで、どうしたら普通の人のように算数が出来るようになるのか、
ずっとずっと悩んで、苦しんでいた。
小学校に入ってから、今まで、ずっとずっと。
どうして私は、普通の人のように出来ないのか、悲しかった。
でも、本当に「学習障害」だとしたら、少なくとも「努力不足」とか、
「怠慢」とか「甘え」ではないことが、分かるんじゃないか。
そう思ったら、泣きたくなった。

家に帰って来て、両親にその話をした。
泣きたくなったけど、どうして泣きたいのか分からなくて、
泣かないで我慢したら、変なテンションで話をしてしまった。

2週間後に、紹介状が出来ているのかも。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

19 : 30 : 01 | 生活 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。